アートジュエリー ビー玉リング 展示会 ワークショップ ニュース プロフィール ネットショップ

■ ジュエリーを長持ちさせるために ■

ジュエリーはいつの時代も女性の心を虜にします。
美しい輝きを放つジュエリーを身につけることで、女性としての自信、価値を高めてくれます。こちらでは、大切なジュエリーのお手入れ方法を紹介します。

はずしたら拭く

ジュエリーにとって化粧品や汗、ハンドクリームは、輝きを損なう原因になります。
はずしたら、柔らかい布で拭くようにしましょう。強くこすると硬度の低い宝石はキズがつくので注意が必要です。

汚れが目立ってきたら、中性洗剤を薄めて手洗いをしましょう。ただし、真珠やオパール、エメラルドなど水に弱い宝石もあるので、洗う前に確認してください。

超音波洗浄器

超音波洗浄器は手軽に細かい汚れを落とせますが、超音波洗浄器を使ってはいけない宝石があります。

エメラルド、真珠やトパーズなどの宝石は、中性洗剤、超音波洗浄器を使ってのお手入れができません。

日頃からのお手入れが大切になってきます。宝石によって特性が異なるので、お手入れ方法は事前に確認しておきましょう。

ジュエリーを身につけるときは

少しでもお手入れを楽にするには、身につけるとき・つけているときに注意すべきことがあります。まず、ドレスアップ前に、ジュエリーをつけないようにしましょう。

宝石にとって油は大敵ですから、少しでもリスクを下げるために、メイクアップ・ヘアアレンジ・パフュームの後に身につけるのがおすすめです。

また、食事前の手洗いやお風呂にはいるときは、ジュエリーをはずす習慣をつけてください。宝石によって水に弱いもの、ちょっとした衝撃ですぐに割れるものなど特性は違います。

とくにリングは水の中で抜けやすく、プールや海で失くしてしまうケースは多いです。大切なジュエリーを長く使うには、ちょっとした心がけが大切です。

BOSCOでは日本橋の三越、新宿の朝日カルチャー、池袋の明日館、那須のアトリエでジュエリー教室を開催しています。身近なものからヒントを得たり、ルネッサンス期の技術「古典額縁技法」ICON GOLDを使ったりと、楽しくオーガニックジュエリーを作ることができます。

BOSCOのジュエリー教室で、ぜひ自分だけのアートジュエリーを作ってみてください。
皆さまのジュエリー教室へのご参加をお待ちしております。





      会社概要